Show simple item record

dc.contributor.advisorAdrian, Yuddi
dc.contributor.advisorSitumorang, Hamzon
dc.contributor.authorIrwan
dc.date.accessioned2011-03-03T04:31:18Z
dc.date.available2011-03-03T04:31:18Z
dc.date.issued2011-03-03
dc.identifier.otherMuswita Widya Rahma
dc.identifier.urihttp://repository.usu.ac.id/handle/123456789/22289
dc.description060708019en_US
dc.description.abstractコミュニケーションでは、丁寧さの種類の使用は調査されることが大事である。特に相手に願う時である。日本社会はコミュニケーションでよく丁寧さの種類の使用の社会グループの一つである。これらは日本語の丁寧さの種類がたくさんあるのを証明されていた。日本語にある丁寧さの種類も北スマトラ大学文学部日本語学学科のカリキュラムの一つであり、勉強するのにとても面白い科目である。 この研究には、対象になっていたポピュレーションは北スマトラ大学日本文学学科の五学期と七学期の学習者である。理由としては、: 一. 北スマトラ大学日本文学学科の五学期と七学期の学習者は日本の言語、文学、文化を学んでいるからである。 二. 会話の中には、日本語中級レベル学習者が丁寧さを学んだからである。 この研究のポピュレーションの数は全員68名で、二つの地位の学習者に分けられた。一番目の地位は32名の五学期の学習者であり、11名の男性の回答者と21名の女性の回答者で編成されていた。二番目の地位は36名の七学期の学習者であり、10名の男性の回答者と26名の女性の回答者で編成されていた。回答者の年齢は、19歳から23歳にかけた。この研究の中には、Total Sampling という全部のデータが全員のポピュレーションから取った。 この研究の結果が次の通りである。 一. 大体の回答者は丁寧さの地位を影響された因数に応じて自分の願いの丁寧さの種類を合わせることができた。 二. 全部の丁寧さの地位を影響された因数の中に、言語の丁寧さの種類(しゅるい)を選択したのに、ほかの因数より身分の影響は回答者の理解に対して一番大きな影響を持っている因数である。それで、時々ほかの因数をとわずから、使いが間違うになった。 三. それに、願うときには男性の回答者より女性の回答者はもっとよく間接だし、もっと丁寧の言語を使いがちことが分かった。ところが、小さい部分の女性の回答者は丁寧しすぎの言語を使い、その使用はあまり合わなくなってきた。en_US
dc.language.isoiden_US
dc.subjectPemakaian Ragamen_US
dc.subjectKesantunan Memohonen_US
dc.titleAnalisis Pemakaian Ragam Kesantunan Memohon Bahasa Jepang pada Mahasiswa Sastra Jepang Semester V dan Semester VII Fakultas Sastra USUen_US
dc.title.alternativeKita Sumatora Daigaku Bungakubu Nihon Bungaku Gakka No Gogakki To Shichigakki No Gakushuusha Ni Taishite Nihongo No (Negai No Teineisa No Shurui) No Shiyou No Bunsekien_US
dc.typeStudent Papersen_US


Files in this item

Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record